主になんJ・おんJ・VIPより地域・地理・旅行の話題をまとめてます

    2017年02月

    コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加
      
    hakata_udon

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 00:09:01.67 0
    博多はラーメンだろうが

    引用元: ・うどんが有名なのは香川なのに福岡はうどんが旨いとかいう福岡人とんこつ野郎の感覚wwwww 

    続きを読む

    コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加
      
    no title

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 01:31:50.02 ID:OE1QDNktM
    教養なさそう

    引用元: ・岡山にはろくな観光地がないとか言ってるやつwwww

    続きを読む

    コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加
      
    1: ミッドナイトエクスプレス(家)@\(^o^)/ [CA] 2017/02/10(金) 17:22:31.34 ID:H+QuOAzh0● BE:184283486-PLT(13000) ポイント特典


    引用元: ・360°の絶景!千葉・鋸山へ誰かと行きたくなる三つの理由 

    続きを読む

    コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加
      
    1: 男色ドライバー(東京都)\(^o^)/ 2016/10/03(月) 19:55:27.55 ID:NoT5Q6ky0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
    no title

    (CNN) 連日の空爆で甚大な被害が出ているシリア北部の都市アレッポについて、シリア観光省が観光客の呼び込みを
    狙った宣伝ビデオを公開した。

    宣伝ビデオはアサド政権が9月30日に公開した。政府が支配下に置くアレッポ西部の空撮映像を使い、BGMは米人気
    テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のテーマ曲を利用。緑豊かな並木に彩られた大通りや、青い水をたたえた遊泳
    プールを映し出している。

    対照的に、反体制派が支配下に置くアレッポ東部では、約25万人の住民が日常的な空爆にさらされ、ほぼ全域が破壊
    されたと国連は伝えている。血まみれの負傷者やがれきの下敷きになった犠牲者などの映像も相次ぎインターネットに
    投稿されていた。

    戦争の恐ろしさを物語るそうした現状に世界の注目が集まる中で、アサド政権は同地を観光地としてアピールしたい考えだ。

    別のビデオでは山間部の町マアルーラのクリスマスが紹介された。同地はイエス・キリストが使ったとされる言語のアラム語が
    今も使われている世界でも数少ない場所の1つで、2013年に国際テロ組織アルカイダ系のヌスラ戦線に占拠され、政権軍が
    14年に奪還した。

    国営シリア・アラブ通信(SANA)はツイッターへの投稿で、「世界一危険な都市」といわれるアレッポの住民は今も「華やかな
    ナイトライフ」を楽しんでいるとアピールし、この夏に開かれたイベントの様子とされる映像を公開していた。
    http://www.cnn.co.jp/world/35089884.html

    引用元: ・シリア「みんな、シリアへ観光しに来てくれ」 アレッポを観光地としてアピール©2ch.net

    続きを読む

    コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加
      
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 06:20:50.08 ID:e8hIXLxK0
    こんなんなんで登ろうと思うんや…
    no title

    ムスターグ・タワー(Muztagh Tower)は、パキスタンのカラコルム山脈のバルトロ山群にある山。K2の西南西15km、パキスタンと中国の国境にある。標高7276メートル。

    引用元: ・登山家頭おかしすぎ

    続きを読む

    コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加
      
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/01(水)21:42:23 ID:V4p
    猫が増えすぎて住民が困っているとニュースになった男木島に行って来た
    6月から猫達の避妊手術すると見たので手術前の5月30に行って来た
    平日でも観光客は多かったよ

    引用元: ・男木島って最近ニュースになった猫島に行って来た

    続きを読む

    このページのトップヘ